射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

あまりにも射精が遅いのも問題です

射精にかかる時間に関しては個人差もあり、早漏すぎることも問題ですが反対に遅漏すぎるということも大きな問題となります。
性交渉の中で一つの区切りとして射精があげられます。
しかしそれができないとなかなか終りが来ないことと、女性側も不安を抱えてしまうということもあります。
そのため遅漏を改善するための取り組みも重要となっています。

遅漏の原因としては男性器の感受性の低下があげられます。
感受性に関しても個人差が大きく、男性器の形状や射精の頻度に加え、包茎であるかそうでないか等様々な要因が重なり影響してしまいます。
その中で感受性が低下してしまうとより強い刺激が射精には必要となります。

性交渉の中で女性器に挿入しているとき、その刺激は手や道具を使う時に比べて少ないケースが多いです。
女性器内は粘膜組織で覆われていることと、締まりの程度も個人差があります。
そのことからも日常的に強い力で男性器を刺激して射精に至っているとその刺激と同レベルの刺激がないと射精に至らない状況に陥りかねません。
そのため原因の一つとしては日常的に強い刺激で写生を行うため、性交渉時に刺激が足りずなかなか射精まで至ることができないといえます。

また他にも日常的に射精を行っていると自然と一回の家庭で伴う感受性も低下していきます。
男性の場合は精子を貯蓄していくことで刺激を与えた際の感受性を高めることが可能となります。
しかし日常的に行っているとその貯蓄も少ない状態が続き、性交渉を迎えるときには感じにくくもなりかねません。
そのため頻度の調整ということも必要となってきます。

そして遅漏には精神的要因もあげられます。
悩む男性 性交渉の際、男性が射精するにあたり精神的側面の影響が大きく関わってきます。
男性器の勃起にもその後の射精にも精神面のコンディションが整っていないと自然と集中がそがれてしまいます。
その為刺激は十分にあったとしても射精が難しくなってしまいます。

遅漏は早漏に比べて性交渉時間自体は長く保つことができます。
そのため一見問題はないようにも見えます。
しかし性交渉において終わりになかなか到達することができない為、男性側にも女性側にも負担がかかっていってしまいます。
そのため自身の遅漏の原因をしっかりと分析し改善に努めていくことが必要です。
改善方法に関してもいくつも存在しており、自身に合わせて取り入れることも可能です。
それにより男女ともにより満足のいく性交渉を行うことができると言えます。

遅漏の改善方法について

遅漏の改善に当たり精神的側面に関してはその原因を改善していくという方法が一番です。
もしその要因が遅漏による不安であれば遅漏自体を改善することで自然と精神面もケアすることが可能です。

感受性に関しては元々の体質的要因も大きいです。
特に包茎の人に関しては亀頭部分が覆われており保護状態にある為、性交渉にて露出した時は敏感になりやすく遅漏の方は少ないです。
しかしそうでない方に関しては日常的に亀頭部分が接触して刺激を受けている為、包茎の人に比べて感受性が低い傾向にあります。
そこを改善することは困難であるため、射精頻度を下げることで精子を貯蓄し、感受性を高める方法が有効といえます。

また個人でトレーニングする際にはあえて男性器を刺激する際に低刺激で行うこともポイントとなります。
強い刺激で慣れてしまうとそれ以下での刺激では射精が難しくなります。
そのため弱い刺激で体を慣らしていくことで感受性を高めていくように体を適応させていきます。
その結果、性交渉時でも以前ほど強い刺激を必要とせずに射精に至ることが可能となります。
そのため遅漏改善につながります。

遅漏は早漏に比べて問題視される割合は少ないです。
しかし性交渉の満足度を上げていく上でも必要に応じて改善に取り組む必要性は十分にあると言えます。

関連記事