射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

射精をするのは何故気持ちいい?そのメカニズムを解説

射精をするとなぜ気持ち良いのか?射精がもたらす快感の理由を解説します。
射精は主に陰茎が性的な刺激を受けることで引き起こされます。
性的な刺激を受けた陰茎は勃起します。
この時の性的な刺激は、視覚や聴覚、嗅覚などからの刺激でも起こります。
勃起した陰茎がさらに性的な刺激を受けると前立腺内に精子やカウパー腺液などが送り込まれます。
そして、さらに刺激を受けると精液が尿道を通って体外に排出される射精に至ります。
陰茎の勃起以降の性的な刺激は基本的に物理的な刺激です。
セックスの場合も自慰の場合も、射精に至る刺激は亀頭を中心とする陰茎への摩擦刺激が中心です。 気持ちよさそうな男性

射精の際に感じる快感は、男性であれば誰もが理解できることです。
ですが、どうしてそのような快感を感じるのか、その理由は一般にはあまり知られていません。
射精時、精液は尿道を通って体外に排出されます。
尿道通過時に精液は尿道壁を刺激しながら流れます。
この尿道を通る時の尿道壁との間に生じる摩擦刺激が、神経を伝って脳に快感として伝わっています。
また、精液が放出されるまでは、体内で放出に向けて内圧を高めた状態になります。
そのため、少ししんどい様な我慢を強いられます。
これは、排尿に似ています。
排尿も膀胱に尿がたまると尿意が脳に伝わります。
そして膀胱が膨らむと下腹部が張った感じがします。
そしていざ排尿をすると、これまでの膀胱が膨張したことによる下腹部の不快感や圧迫感から解放されます。
前立腺に溜まり集まった精液は、膀胱に溜まった尿と同じように作用します。
そして、射精をすることで前立腺のある下腹部の不快感・圧迫感から解放されます。
それと同時に勃起状態も解消されます。

これとは別に、進化の過程でも射精をすることで快感を得られるようになりました。
それは、生物として、子孫を残すための繁殖活動に積極的になるように進化したともいわれています。
快感を得られることで、オスは快感を得るためにたくさんのメスと繁殖活動を積極的に行うようになり、その結果として子孫が増え、種族が存続するという理由です。

射精は単に精液を排出するだけではなく、快感を得ることができます。
それは、尿道を通る時の尿道壁との間に生じる摩擦刺激が、神経を伝って脳に伝わることによります。
また、気持ち良いという感覚を与えることで、その気持ち良さを再び得ようと生殖活動に積極的になるように進化したと考えられています。

精液の量を増やすのが気持ちよさを増やすポイント

射精することで快感を得られる理由については、先述のように尿道を精液が通過するときに生じる摩擦が神経を通して脳に快感として伝わります。
そのため、精液が多いほど尿道を通過する際の刺激が強くなりより強い快感を得ることができます。
精液の量を増やすには射精間に適度な間隔を開けることや、適度な水分を常に摂取することなどがおすすめです。
射精による快感と精液の質はあまり関係がありません。
妊活であれば、精液の質が非常に重要な事項になります。

しかし、気持ちよさを追求するなら精液の質よりも量が重要です。
精液は水分の塊です。
体内の水分量が少なくなると、体外に排出される水分は必要最小限となり、少量の水分に可能な限り排出するものを含ませようとします。
例えば、水分の摂取量が少ないと尿の色は濃くなります。
逆に水分の摂取量が多ければ尿は薄くなり量も多くなります。
精液も同じで水分の摂取量が少ないと精液の量が少なくなり、濃縮されたものが放出されます。
また、濃縮された粘度の非常に高いものは尿道を痛めることがあるので、それを防ぐ意味でも水分の適切の摂取が重要です。
そして、射精の頻度が多いと、量も減ってしまいます。
逆に頻度が極端に少なくても能力が衰えてくるので、適度な射精は快感を得やすくなるのに必要です。

関連記事