射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

射精を我慢できないのは生活習慣のせい?

射精が我慢できないのは、自分の意志が弱いとかではなく、実は生活全体について肉体的もしくは精神的に影響があるかどうかを調べるのが大切です。
例えば、遅く寝て、遅く起きるような生活習慣の場合は、やはり一日のリズムが狂っている場合があります。
24時間の生理的なサイクルが狂いだしているために、体の機能に変化をもたらし、それが結果的には性機能についても、何かしら狂いが生じているということが考えられます。

そうなると、朝日を浴びて、夜は夕日とともに寝るぐらいの生活が一番良いです。
自然にそのリズムが戻ってくると、射精が我慢できなくなるということもなくなり、一般的な射精時間の長さに戻るのではないでしょうか。
また、その体のリズムだけでなく、睡眠をとることで、自律神経の交感神経と副交感神経とがバランスよく交代するのでありますから、それが狂うと、どうしても体の機能も狂ってしまい、早漏へと繋がってしまいます。

勃起をするときは副交感神経が密接に関わってきますが、射精する時は逆に交感神経と深く関わってきます。
ということは、このスイッチの切り替えが早ければ早いほど、早漏へと繋がってきますし、射精が我慢できなくなってしまいます。

このように見ていきますと、不十分な睡眠または眠りのリズムが狂うと、これらの悪影響をおよぼします。
また、睡眠だけではありません。
日々の食生活自体も、早漏などの性機能にも深く繋がっているといえます。
例えば暴飲暴食や朝を抜いたり、夜だけ大量に食べたりなど、不規則な食生活を繰り返していると、体の生理機能が狂ってしまい、結果的には性機能にも悪影響を及ぼすことがあります。

社会人になると、たしかに人付き合いのために、自分の規則正しい食生活をなかなか守ることができないということもあるかもしれません。
自分の体のことを考えると、そういった規則正しい食生活に維持することが何よりも大切です。
食生活の見直しは早漏の改善に繋がります。
さらに、最近仕事で疲れていたり、倦怠感や疲労感を感じることがありませんか。
そういった時EDになったり、もしくは射精が我慢できないという原因にもなっているはずです。
心がつかれてくると、射精との繋がりが深くなりますので、できるだけそういったストレスや疲労感もしくは倦怠感を蓄積してはいけません。
もし当てはまる事があって、それが原因になって射精が我慢できなくなったとなれば、それを払拭していかなければなりません。 ストレスにつぶされるイメージ

その倦怠感を回復させる方法について

疲労感や倦怠感というのは、生活習慣と密接に関わっていることが多いです。
仕事で疲れてきたり、人間関係でとても疲れている場合は、それが蓄積されやがては、二度と人に会いたくない、またはこれ以上は仕事はしたくないといった具合に、悪影響を及ぼします。
そして精神的なものだけでなく、それが早漏へと繋がってくるわけです。

その倦怠感を回復する方法としては、仕事のオンオフをはっきりさせて、ストレスを発散するために努力すると良いでしょう。
趣味を持ってもよいですし、週末に出かけることもいいかもしれません。
仲間とお酒を飲みに行くのもいいでしょう。

とにかく日頃たまっているストレスをできるだけ解消するようにしましょう。
そうすれば、疲労感や倦怠感も徐々にですが、回復していくと思います。
その回復と同時に、早漏も自然と回復していきます。
このように生活習慣は睡眠と食生活及びストレスと非常に密接な関係があります。

これらを解消することにより、今まで早漏で悩んでいたのが嘘のように感じるでしょう。
ですので、やることは非常に簡単です。
できるだけ早く寝ること、睡眠時間をしっかりとるということ、そして規則正しい食生活に戻すことを暴飲暴食などの食生活はしないことです。

これらを一つ一つこなしていけばよいだけです。
あとはストレスのかからないような生活習慣に戻すことと、ストレスが仮にたまっても、それを解消するような生活習慣に戻すことが一番よいでしょう。

関連記事