射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

射精後に感じる倦怠感の原因は?

射精後に感じる倦怠感の原因は、体力の衰えにあります。
射精を1回すると100メートルを全力疾走した時と同じくらいの体力を消耗するそうです。
100メートルを全力疾走したら疲れてなにもできなくなるという人は、射精後にも同じ状態になる可能性が高いでしょう。

100メートルを全力疾走するのに、一般的な男性なら12秒~20秒くらいかかります。
射精の場合、ほぼ一瞬でそれと同じくらいの体力を消耗してしまうので、瞬間的な消費エネルギーは上かもしれません。
射精をしたら倦怠感を感じるという人は、試しに100メートルを全力疾走してみると良いでしょう。
もちろん、使う筋肉などは異なるので、全く同じというわけにはいきませんが、もしも似たような倦怠感を感じたなら、体力の衰えが原因である可能性が高いです。

100メートルを全力疾走してみても、なにも疲れないという人は、別の原因がある可能性があります。
走る男性 しかし、使用する筋肉が異なるので、部分的に筋力が弱いことが原因かもしれません。
下半身を意識して鍛えるようにしておくと、夜の営みの時に疲れにくくなります。

少し休んだら回復するので、倦怠感を感じてもそれほど気にする必要はありません。
時間が経っても回復せず、次の日まで倦怠感が残るという人は、体調管理がしっかりとできていないのかもしれません。
規則正しい生活を送り、しっかりと栄養を摂取して、適度な運動をするようにしていれば、基本的には翌日には回復するはずです。
体調管理がしっかりとできていない場合、免疫力が低下して、病気にかかりやすくなります。
なんらかの病気にかかってしまって、体力が落ち、倦怠感を感じるようになっている可能性もあるので、あまりひどいようなら病院へ行って診察を受けてみましょう。

精神的な病気である可能性もあります。
精神的に落ち込むことはだれにでもあり、そのような時には女性との行為に喜びをあまり感じなくなってしまうことがあります。
しかし、ずっと気持ちが落ち込んでいる状態が続いていると、うつ病などの精神病にかかってしまっている可能性も高くなります。

射精をした後、自分の状態がどのようになっているのかを、しっかりとチェックしておきましょう。
体力が原因ならば、しばらく休憩すればすぐに回復することも多く、遅くても翌日には回復しているでしょう。
精神的なものが原因である場合には、射精をして性欲がなくなってしまうと、気持ちの落ち込みが激しくなってしまうことがあります。

倦怠感は体力をつければ感じにくくなります

射精をした後倦怠感を感じるという人で、体力が原因ならば、体調管理にしっかりと気をつけておけば、基本的には大丈夫です。
しかし、倦怠感を感じているところをパートナーに見られたくないという人は、運動をして体力をつけるようにしましょう。

下半身の筋肉が重要になるので、スクワットなどをして下半身を鍛えることがおすすめです。
ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動も体力をつけることに効果的です。
有酸素運動は最低でも20分は継続しないと意味がないと言われているので、時間を計ってやってみましょう。

精力アップに効果があるサプリメントを摂取することもおすすめです。
マカ、亜鉛、アルギニン、トンカットアリ、シトルリンなどは精力アップに効果があると言われています。
また、これらの栄養素はスタミナをつけることにも効果があるようです。
運動をしながら、これらのサプリメントも同時に摂取するようにしておくと、効率よく体力がつけられるでしょう。

30代のうちはまだなにもしなくても健康な身体を保てることが多いですが、40代になると運動をしないと一気に老化が進んでしまうという意見があります。
40代以降の人は、特に体力を維持するための工夫が重要になっていきます。

関連記事