射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

早漏の原因とその種類ついて

性行為は男性と女性の間において行われる大変重要な行為です。
ベッド上の男女 子どもを作る時には必ずしなければなりませんし、パートナーとの仲を良好にする、保つために重要な要素となります。
しかし、ある症状のために、男性が自分の性行為に自信を持てなくなってしまうことがあります。
その症状とは早漏です。

早漏は自分で射精をコントロールすることができず、早く射精してしまうことです。
原因の1つとしては包茎などにみられる肉体的要因が挙げられます。
包茎には真性、仮性、カントンの三種類があり、仮性、カントン包茎の場合は、勃起時のみ亀頭が露出するため、亀頭が外界からの刺激に弱く、すぐに射精してしまいます。
真性の場合は、常に亀頭が皮で覆われているために、より外からの刺激に弱く、前述同様、早漏になってしまいます。

この3種類の早漏はいずれも病院や専門医で余分な皮を取り除く手術などの治療をすることができます。
特に真性包茎の場合は、尿や精液のカスなどがたまりやすく、不衛生であるため、性感染症を引き起こしやすくなっているので注意が必要です。

早漏の2つ目の原因として考えられるのが、心理的要因です。
これは過去のトラウマにより引き起こされます。
例えば、以前、性交であっという間に射精してしまい、パートナーを満足させることができなかった場合、そのことがトラウマとなることがあります。
次の性交の時に今回は大丈夫だろうかと不安に思い、焦り緊張することで、結果として早く射精してしまいます。
心理的要因からくる早漏は、ほとんどの場合、性交の経験が浅い時の早漏がトラウマとし記憶に刻まれていることが原因です。
それ以後女性に消極的になってしまうことで起こり、経験が浅いために、たまに来る性交時にまた緊張し同じ失敗を繰り返してしまうということになり、ますます性交渉に対する自信が失われ、悪循環に陥ってしまいます。

この心理的要因を原因とする早漏は、成功体験を積み重ねることで克服することができます。
しかし、そのためには専門医などで、射精に関係のある自律神経をコントロールするための早漏治療薬を処方してもらいながら、性交の経験を積み重ねていきます。

このように早漏の原因には肉体的要因と心理的要因の2種類があり、いずれも克服することは可能です。
包茎などの肉体的要因であれば、専門医などで手術を受けることができ、心理的要因であれば、薬を服用しながら成功体験を積み重ねるようにします。
このようにすれば、男性として情けないと感じてしまう早漏を克服できます。

早漏の原因は心理的要因であることが殆どです

早漏には肉体的要因と心理的要因の2種類ありますが、その殆どが心理的要因です。
包茎のような肉体的要因は結局のところ体が外界からの刺激に慣れてしまえば、要するに経験を積み重ねることで克服できます。
特に日本人の場合、その半数以上が包茎であり、皆が皆早漏かというとそんなことはありません。
早漏は結局のところ、過去の性交での失敗をトラウマとした心理的要因で引き起こされてしまうのです。

性交時はどうしても緊張するものです。
それが自分の性交に自信がなければなおさらその緊張は大きくなります。
早漏を克服するためには、肉体的要因にしろ、心理的要因にしろ、経験を積むという点では同じです。
人の心というものは繊細なもので、またこの問題はデリケートなことであるために相談しづらく、一人で抱え込んでしまいがちです。

しかし、悩んでいても症状はいつまでも改善することはなく、症状を克服するためにはしかるべき治療を受け、性交の経験を積み重ね、成功体験を増やし、自分の性交に自信をもつようにします。
男としての自分に自信を持ち、女性と積極的にかかわっていくことがなによりも大切になります。
要するに心の持ちようを変えるために行動することが必要です。

関連記事