射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

早漏はパートナーとの関係悪化の原因になる?

パートナーとの関係を良好にするためには性生活が充実しているということも欠かすことができません。
そして、性生活にもやはり相性があり、片方が満足できていても、どちらかが不満を抱えているということもありますし、どちらも満足できていないという場合もあります。 関係が悪化しそうな男女

男性の性の悩みとしては早漏があげられます。
これは射精のコントロールがうまくいかず、早く射精が終わってしまうことを指しますが、彼氏がそうしたタイプという人も少なくありません。
とはいえ、早漏を彼氏に指摘することはプライドを傷つける可能性もありますので、なかなか口に出すことができないという人もあるのではないでしょうか。
彼氏が早漏であるかどうかは、個人差もありますし、他の人と比べることも難しいので、判断は難しいものがあります。
挿入前に射精が起きてしまう、挿入と同時に射精してしまうなど明らかに早い場合はやはり早漏である可能性があります。
そして、こうした場合に関係悪化が起きるのかは気になるところですが、女性から不満をいわれることでプライドが傷ついてしまう可能性もあります。
女性が明らかに満足していないことを感じて、男性側が気にしてしまうこともあります。
性の悩みが関係悪化につながることもあれば、それほど影響が出ないということもあります。
明らかに早漏であったとしても女性の側が特に不満を感じていない場合は関係悪化の心配はそれほどないと言えるでしょう。

改善を考えている場合は、まずは原因を知っておきましょう。
早漏になってしまう原因は体に問題がある場合もあれば、焦りや過去の性行為での失敗が影響して自信を持てないなど精神的なものが影響していることもあります。
精神的なものが影響しているのであれば、余計なことは考えず、リラックスすることも大切です。
そして性経験が少ない若い男性も射精をコントロールしづらい傾向にありますが、この場合は経験を積むことで改善されることも少なくありません。

早漏を改善する方法としては、自宅で行えるトレーニングもありますし、包茎が影響している場合はそれを治療することで改善できることもあります。
最近は飲むタイプの薬も注目されており、性行為の前に飲んでおくと、過度な興奮を抑えることができ、射精までの時間もより長くできるとされています。
性的な興奮を抑えられない、過度に焦ってしまうという人は治療も検討してみてはいかがでしょうか。

逆に早漏の人が好きという女性の意見もあります!

男性は性行為をリードする側にありますので、それがうまくいかない、女性に満足を与えられないとなるとプライドはやはり傷つきます。
最悪、それが元で性行為を避けるようになってしまう可能性もあります。
とはいえ、早漏がすべて悪いというものではなく、逆に射精までの時間は短いほうが良いという女性もいます。
男性の側が早すぎると感じていても、意外と女性にはそう感じていないことがあるのです。

射精までの時間が長ければ良いというわけではなく、長い性行為が女性には体に負担となることもありますし、遅いと逆に彼氏が満足できていないのではと不安に感じる場合もあります。
性行為には快楽を求める人も多いですが、女性にとっては愛情表現と感じていることも多く、射精が少し早くても他の部分でカバーされていればそれほど気にしていない可能性もあります。
男性は射精の時間を気にする傾向にありますが、女性は性行為をトータルで考えている人も多く、優しく愛撫されたり、抱きしめられることに満足を得ている人も少なくありません。
それゆえ、良い関係を続けていくためには、射精の長さだけにこだわるのではなく、様々な面でお互いが楽しめる、満足できる工夫もしておきたいところです。

関連記事