射精を我慢する確実な方法とは?

射精を我慢できない人には特徴があります。それは主に仮性包茎であることが原因です。仮性包茎は手術で治せます。他の原因で射精が我慢できない場合の対処法についても説明していますので、早漏などに悩んでいる方は参考にすると良いでしょう。

早漏改善を期待できる呼吸方法

深呼吸してる男性早漏を改善するための方法はいくつかありますが、その改善方法はアプローチする方法によって行うべき方法が変わってきます。
そもそも射精に対するプロセスとしては性的な刺激を受けて興奮することによって発生します。
性的な刺激というのは内面的な五感によるものと、身体に直接刺激を受けるものがあります。

一般的には身体に対する直接的な刺激によって性的興奮が呼び起こされて射精するわけですが、早漏の人の多くは五感が敏感であることが大きく作用しています。
五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚などでこれらに敏感に感じる場合には性的興奮がより強く引き起こされます。
このため直接的な刺激がなくても射精をするといったことがあります。
それが早漏であったり夢精といったものです。

また神経の働きという面も早漏に影響しています。
そもそも射精に至る神経的な働きとしては、何らかの刺激を受け副交感神経が働きペニスが勃起し、交感神経が働くことによって射精に至ります。
副交感神経は、いわゆるリラックスしている状態のことで、交感神経では興奮している状態になります。
つまり、興奮が過度に進むことにより、早く射精してしまうことになり、それが早漏の原因にもなります。

このため早漏を改善する場合には直接的な刺激になれる訓練や自律神経の作用を整える内面的な訓練がポイントになります。
直接的な刺激になれる方法としては、刺激を行ってなれることです。
特に亀頭部分はもっとも敏感な場所であり、実際に刺激を受けることで射精に至るもっとも大きな場所といえますから、そこを鍛えることがポイントです。
しかし、亀頭を鍛えても自律神経の作用を抑えなければ、結局、興奮によって射精に至ってしまい早漏となる場合があります。
このため亀頭を鍛えると同時に自律神経もなれさせることが大事です。
経験を重ねることもポイントですが、副交感神経を高める方法として呼吸方法の改善も重要です。
呼吸方法の工夫は誰でも行うことができますし、行為の途中でも簡単に行うことができます。

また早漏改善で重要なのは、あまり気に病まないこともポイントで出来る限りリラックスした状態で行うことが必要です。
特に早漏は遅漏とは異なり射精そのものは出来るわけですから、女性の膣内での射精が出来れば生殖活動そのものには影響しません。
挿入という手段以外で相手を満足させるといった工夫を行えばそれほど大きな問題とはなりません。

早漏改善の為の呼吸法は腹式呼吸がキーワードです

いずれにしても早漏改善で簡単に行えるのが呼吸方法の改善です。
射精を呼び起こす交感神経よりもリラックスしている副交感神経が優位である状態を作り出すということで、いわゆる深呼吸をすれば気分が落ちつくように早漏も改善が可能になります。
特に短く息を吸い込み、ゆっくりと息を吐き出すことでも効果的です。

また早漏だけでなく自律神経の改善にも役立てることができるのが腹式呼吸です。
腹式呼吸では胸式呼吸より多くの空気を吸い込むことができるので、それだけゆっくりと吐き出すことができます。
また鼻から吸い込むことで頭部への冷却効果も期待できるので、それが副交感神経の優位を保つことができます。

腹式呼吸にもいくつかの方法がありますが、もっともわかりやすいのがへその下5センチを意識することです。
この場所は丹田と呼ばれ、丹田呼吸法とも呼ばれるものです。
ヨガなどでも取り入れられているもので効果的です。

イメージとしては空気を丹田の場所に向かって空気を送り込むというもので、コツとしては2秒ほどかけて息を吸い込み、丹田の部分に力を入れる感じで吐き出すというものです。
いずれにしても呼吸法をマスターするだけでも十分に早漏を改善することができます。

関連記事